粉ふき乾燥肌の症状別事例

ひざ下全体が粉ふき・とてもかゆい

お風呂に入る前、テレビを見ながらソファで寛いでいるときに、とてもかゆみを感じます。少しリラックスした状態で、手持ち無沙汰なためか、無意識に掻いてしまい、赤くなってしまいます。それからお風呂に入って、たっぷりクリームを塗って就寝。そうすると朝〜夕方まではあまり気になりません。

 

お風呂上りにクリームを塗ることで、次の日の朝までかゆみは出てきません。でも、お昼すぎにはかゆみを感じるようになってしまいます。以前、かゆみ止めの入った保湿クリームを使用していたときは、粉吹きも押さえられ掻きむしることはなくなったことがあります。面積が広いので、アッという間にボトル1本使い切ってしまいました。

 

ユースキンのかゆみ用クリームです。これはかなり効果がありました。柔めのクリームで馴染みがよく、塗りやすかったです。毎日お風呂上りに塗るだけで、日中のかゆみは抑えられました。

 

普段は顔が粉をふくほど乾燥することはありませんが、季節の変わり目や化粧品を変えたときに、口まわりやほほのあたりがカサカサになってしまいました。その時のお化粧は、まず、保湿クリームを薄く塗って、厚化粧にならないように心掛けています。それと、合わない化粧品はすぐに使用をやめて、信頼できるいつもの化粧品に戻します。

 

化粧品でアルコールが強いものは、赤みが出たりするので、敏感肌だと思います。口コミなので高評価の化粧品でもあわないこともあります。肌トラブルにまでは及びませんが、乾燥によるかさつきや逆に脂が出てきたりといったことはよくあります。